ミヤジックの歴史(歴代ポスター集)


2005年(Vol.1)

FMC福岡音楽連盟主催イベントとして開催。10バンド参加。


2006年(Vol.2)

2日間開催へ拡大。ダンスを含む25団体参加。

飲食店やフリーマーケットを導入。


2007年(Vol.3)

残念ながら台風直撃でこの回は中止に。

秋に仕切り直し。

7月台風で中止になったため、

その悔しさで9月にリベンジ開催。

 

ダンスを含む19団体参加。

この年に実行委員会が発足。

イベント副題に「MIYAJICK」がつく。

バンジージャンプアトラクション、ネイルサロン等雑貨店・フリーマーケット100店舗開催。

 

この日も台風直撃は免れたものの、風雨に悩まされ客足伸びず。散々な年になりました。


2008年(Vol.4)

昨年の悔しさから3日間開催へ拡大。

この年から正式に「MIYA-JICK」となり実行委員会も正式に立ち上がりました。

恒例のセッションも「ミヤジックステーション」に改名。

開運殿を利用したアートイベント、フリーマーケット、移動動物園、大道芸なども実施。

ステージも2つに増やして、出演者さん100組超の大イベントになりました。


2009年(Vol.5)

さすがに昨年真夏の3日間開催でメンバーみなさんバテてしまい、2日間開催へ戻す。

ダンスを含む42団体参加。

開運殿にてギタークラフト展、ライブ写真展、ジャンベセッション、雑貨ワークショップ、アニメ上映など実施。

 

TV番組での紹介やFM出演などメディア露出が増えた年でした。


2010年(Vol.6)

2日間でダンスを含む61団体参加。

高校軽音楽部バンドバトルを開催し10校の参加で盛り上がる。

合掌造りエリアへ会場規模を拡大し、ドラムセット試打、いきもの体験、ジェンベ&ディジュリドゥワークショップ、ライブ写真展、体験ボイストレーニング、移動動物園、民族楽器屋、香川大介氏によるライブペイントなど新企画を多数実施。

この年より祈願祭を開始。

 

あれこれ沢山のイベントを誘致して試行錯誤した回でもあります。 


2011年(Vol.7)

エントリー多数で急遽3日間開催。

ダンスを含む84団体+高校軽音楽部8バンド参加。

福岡のアイドルグループHR(エイチアール)のステージもあり。アコースティックステージの配置を変更し、装飾を実施。

開運殿では各種クリニック、ギタークラフト展、ミニライブなど開催。路上ストリートステージを試験的に実施しました。


2012年(Vol.8)

この年より実行委員交代。

ポスターのイメージや、抽選会、1000人でBEAT ITなど新しいことに挑戦。

 

また、この年は北部九州大水害当日の開催となってしまい、豪雨と落雷の中、中止することなく力を合わせて無事イベントを終了させました。

しかしアコースティックステージは豪雨のため壊滅状態に。


2013年(Vol.9)

前実行委員長1年任期で、この年から新実行委員長体制でスタート。

ポスターイメージの定着化を目指してレイアウトも一新。

 

昨年豪雨により大変だったアコースティックステージが、開運殿にて実施されるように改善されました。


2014年(Vol.10)

記念すべき10年目の開催。

8回目から好評なイベントを継承しつつ、光の道で有名になった写真を用いたポスターデザイン。

この年からワンコインステージが始まりました。


2015年(Vol.11)

ここ数年の活動で認知度が増加したおかげで、嬉しいことにエントリー数が膨大な量に。

反面、お断りしないといけない出演希望者さんも増えることとなり、心苦しい回となりました。


2016年(Vol.12)

ミヤジック始まって以来2回目のテレビ取材が入り、少しメディアに取り上げていただきました。

ナンデモ特命係 発見らくちゃく!(FBS)とのコラボのおかげでお客様も多く、記憶に残る回となりました。


2017年(Vol.13)

高校軽音楽部バンドバトルと高校生アコースティックタイムが開催。

トシ・ジャクソンのパフォーマンスやBEAT ITとのコラボも。

 

ポスター完成後に漢字の誤りが一部発見され伝説のポスターとなりました。


2018年(Vol.14)

そして2018年。

 

今年も様々なドラマがここ宮地嶽神社の地で繰り広げられます!

みんなで新しい歴史を作ろう!